Learning in Context

デンマークから教育組織のあり方を学ぶ

同じビジョンを共有し、
それぞれが活躍できるフィールドをつくる

国民の幸福度ランキング上位の常連国であるデンマークでは、「だれでも、どこでも一定クオリティーの教育を受けることができる」公平な教育システムが導入されています。そんな最新の教育現場を視察するために、デンマークの保育園や小中学校、高等学校など13箇所を訪問。そこで働くスタッフの方々と対話をするような形で取材をおこないました。それぞれの現場に共通したのは「人が中心」であるということ。これは子供たちの教育に対する姿勢だけでなく、そこで働く人たちの働く姿勢についてもです。ただ与えられた仕事を、こなすだけのやり方ではなく、教育目標となる大きなビジョンは共有しながらも、そこに向かう道筋は自分たちが能動的に決めていく、マネジメント方式が取り入れられていました。視察での発見や実体験は、今後のLiCの活動にもフィードバックしてまいります。